愛する人との未来を約束|婚約指輪に誕生石を入れても魅力的

指輪

リングに使う素材

ハートを持つ手

アレルギーや耐久性に注意

婚約の記念やプロポーズで贈る婚約指輪を購入する際は、その素材に気をつけたいものです。特にお相手が金属アレルギーを持っている場合は、素材によっては皮膚にトラブルを起こすなどすることもあります。せっかくの記念品が台無しにならないよう、お相手にしっかり確認し、適切な素材を使った婚約指輪を選びたいものです。また、耐久性にも注意を払いましょう。特に普段も着用することを考えている場合は、傷がつきにくく、変質しにくいものを選ぶことが大切です。耐久性は同じ金属でも、成分の配合割合によって違ってきます。基本的に、単一の素材ではなく、他の金属と混ぜた合金の婚約指輪のほうが、より耐久性は高くなるので、頭に入れておきましょう。

人気のプラチナとゴールド

婚約指輪の素材として最も人気が高いのが、プラチナです。白く輝く美しさが特徴で、純真無垢なそのイメージはフィアンセに贈るのにぴったりと言えるでしょう。一般的にパラジウムなどの金属と合わせ、合金素材として利用されることも多いです。その分耐久性が高くなるため、傷がつきにくいものを選びたい場合は、合金のものを選ぶとよいでしょう。次に人気なのが、ゴールドです。プラチナと比較して価格が安いですが、耐久性はプラチナと遜色がないため、お手頃感が高くなっています。ゴールドはその色合いにより、イエロー、ピンク、ホワイトなどの種類に分けられます。宝石や肌の色、好みなどに合わせた選択がしやすいのも、特徴と言えるでしょう。